排便は食事が関係してる?

日本では、便秘に悩む人が多くいます。
以前は圧倒的に女性が多かったのですが、最近では男性にも便秘で悩む人が多くなっているのです。
排便がスムーズにいかない理由は、いくつかあげられます。
例えば運動不足で体内の循環が悪くなっていたり、生活習慣の乱れから、体内時計が狂ってしまっていたり、ストレスにより自律神経が乱れていることも関係しています。
また、食事のあり方も排便には大きく関係しています。
特に現代人は、食物繊維の摂取がかなり足りていないのです。
昔の日本であれば、野菜中心の食事が多かったのですが、現在においては食の欧米化が進み、肉を食べる機会が非常に増え、脂質や糖質の摂取が過多で、食物繊維の摂取はかなり減っています。
身体の健康を守るためにも、腸内の環境を整えることは非常に大事です。
排便がスムーズにいかないということは、腸内の環境が崩れて、腸の働きが弱まっているということですから、食事の内容を良く見直して、バランスの良い食事を心がけなければなりません。
また、食物繊維と一緒に発酵食品を良く摂るようにしましょう。
乳酸菌は腸内の環境を整える善玉菌がたくさん含まれています。
腸内にはたくさんの善玉菌がいて、これらが活発に働けることでバランスを保っているのです。

01

排便の良い時間ってあるの?

現代の日本人は、便秘などで悩んでいる人が非常に多くなっています。
それは日本人の食生活が大きく変わってしまったためです。
昔は野菜や味噌などたくさんの乳酸菌や食物繊維を知らないうちに摂取していました。
そのため便秘などで悩む日本人は少ない傾向にあったのです。
しかし現代では欧米型の食生活が進み、肉類が過多で、インスタント食品や加工食品も主食として食べられるようになったのです。
そのため野菜の食物繊維不足が深刻であり、腸内環境が悪玉菌で劣悪になっているのです。
そのことでいつも決まった時間に便意を感じなくなったり、不規則に排便されるようになり便秘症に陥る人も多くなっています。
まず大事なのは排便習慣をきちんと構築することです。
それには排便時間を決めてしまうことが大事です。
その時間に照準を合わせて出来るだけ、その時間に排便が起こるように食生活を改善したり運動を習慣にすることが大事です。
食事は夜にヨーグルトなどの乳酸菌が豊富な食品を食べると、朝決まった時間に便意を感じやすくなります。
また朝にウォーキングやランニングなど運動を習慣にすると腸が刺激されて便意を感じやすく排便リズムも整ってきます。

02

頻度はどのくらいが理想?

排便の頻度はどのくらいあればいいのか、気になる人は多いでしょう。
一日に何度も排便する人もいれば、1週間に一度行くか行かないかという人もいます。
食事の内容にもよりますし、便意があっても我慢してしまったり、ゆっくりトイレに行く時間がなかったりして、タイミングを逃してしまうということもあるでしょう。
人によって頻度に差がありますが、便意があったら出来る限りトイレに座るようにしたり、自然にまかせるのが一番いいでしょう。
1週間以上排便がなかったり、頻度がとても多い場合は、安易に下剤や下痢止めを飲むのではなく、食生活を見直すことからはじめましょう。
また、腸の働きはストレスによって変化します。
疲れがたまっていたり、睡眠不足だったり、運動不足だったりすると排便の頻度に異常が出たりします。
ずっと気にしたことがなかったのに、最近リズムがおかしいと思ったときは、ストレス解消をしたり、ゆっくり休んだりするといいでしょう。
2、3日に一度程度の排便があれば理想的ですし、便をよく観察することも大切です。
黒い便になっていないか、血が混じっていないか、においはどうなのか、固くないかなど、自分の腸内環境の状態を把握して、病気の予防を心がけましょう。

03

関係が深いウェブサイトの中では、こちらがオススメ!

排便についての知識を増やすことは大切です。さらに、その知識を実際に実行に移すということはもっと重要です。
ここでは、排便を何とかしたい人に役立つかもしれないサイトを載せておきます。
便秘のお茶について詳しく解説しているウェブサイトです。